車の模型

タクシー採用される法則|面接時に注意すること

タクシー会社に応募する

タクシー

求められる能力や資格

タクシードライバーとして働くためには、第二種免許を取得する必要があります。そのため第二種免許を取得するためのベースとして、タクシー求人に応募するときには第一種免許を取得しておくことが大切です。またタクシードライバーには安全な運転が求められるため、タクシー求人に応募する時には、自動車の運転で事故や違反の経歴がないことがポイントになります。一般的に第二種免許は、タクシー会社に入社してから取得する事になりますが、第二種免許は視力や聴力の検査があります。そのためタクシー求人に応募するときには、視力が片目で0.5以上、両目で0.8以上が必要になります。タクシードライバーになるには第一種免許を取得するときよりも、視力検査の基準が高いため注意しましょう。またタクシー求人では遠近感を測るための検査が行われるため、求人に応募するときには遠近感を測る練習をしておきましょう。第二種免許を取得するためには、自動車の運転歴が3年以上あることが必要になるため、タクシー求人に応募する時には自動車の運転歴がポイントになります。日頃から快適で無理のない運転を心掛けていることで、タクシードライバーとしての運転能力が身に付きます。またタクシー求人では担当する地域の地理に詳しいことが重要になり、的確に無駄のないルートを選べる能力が求められます。地理に詳しくなるには日頃から道や建物の位置を、記憶しようとする姿勢を持って運転することが効果的です。