車の模型

タクシー採用される法則|面接時に注意すること

タクシーでお仕事

タクシー乗り場

運転手に必要なこと

タクシー運転手として仕事するためにはいくつかの資格やスキルが必要になってきます。まず資格についてですが運転免許が必要になります。当然タクシーも車の一種なので運転をするために免許を取っておかなければいけません。それに加えて人を乗せてお仕事するためには二種免許が必要になってきます。二種免許を取得するためには一種運転免許を取得してから3年以上経過する必要があります。タクシー運転手の求人には二種免許を持っていない状態でも入社できる会社もあります。しかし仕事をするにあたって二種免許は絶対に必要になってきます。そのため、早めに一種運転免許を取得し、二種免許が取れる条件を満たしておくことが望ましいです。タクシー運転手をするにあたって必要なスキルは安全な運転をする技術です。お客様を目的地に届けるだけではなく乗車している間は快適な空間にしておかなければいけません。そのためお客様に安心していただけるような運転技術は必須になります。そのほかにはトークスキルも重要になってきます。特に移動時間が長時間になればお客さんを退屈させてはいけないため、タクシー運転手側から話題を提供することで移動時間を楽しんでもらいます。そこでお客様にとって面白い話をすることが出来れば利用満足度が上がるため、自分の営業成績にもつながってきます。新規利用客の開拓も重要ですが、このように利用満足度を上昇させることで固定のお客さんを付けることが出来たら成績が安定してきます。